手芸ネットワーク

鉄線+金網の花でDIYクレマチスの作り方

ギリシャ語でクレマチスとは、つる植物や忍び寄る植物を意味します。名前を聞くとすぐに、その茎はどこにでも上がる可能性があり、大きな花の形とたくさんの花が人々を止めなければならないことがよくあります。 「クレマチス」と訳されているのは、茎が細くて硬いからです!

クレマチスは、大きな花、新鮮な色、咲く、長持ちする、見事な開花シーンで世界に人気があります。クレマチスの色はさわやかでエレガントで、空に似た青いクレマチスがあり、花びらは軽くなっています。紫色のハロー、クレマチス、恥ずかしがり屋の淡いピンクの紫色のクレマチスの雪の女王、色合いは元の特徴を保ち、花びらの素敵な紫色の赤い縞模様は太陽が強いと消えます。淡いピンクの花はベージュに色あせます。

クレマチスの花の言語は、高貴で美しい心です。

鉄線+金網の花でDIYクレマチスの作り方:

花の準備:5#花びら6個;幅約3〜4cmのフクシアシルクスクリーンのセクションを取り、一端に透明な接着剤を貼り付け、シルクストリップにカットしてフクシアフラワーコアを作ります;白いシルクスクリーンの別のセクションを取ります幅約3〜4 cm Cm、一端を絹の細片にカットして白い花の芯を作ります。

一輪の花集会:

1。鉄線約10cmの部分を取り、壊れた金網を包みます。

2。壊れた金網を白い花の芯で包み、糸部分を露出させます。

3。紫色のシルクスクリーンを1枚取り、白い花の芯を包みます。

4。根は赤紫の花の芯で包まれ、絹の細片が露出しています。

5。6枚の花びらを順番に追加します。

6。緑色のテープを包んで形を変えます。

葉:長い茎を保ち、葉を作ります。

シャフトは鉄線で、インサートボトルの組み立てが可能です。